過去のセミナー                        

第11回貿易実務セミナー      

三国間取引の実務とその注意点
    〜中国・ASEANの生産拠点を見据えて〜

中国リスクの回避や商圏の拡大により、日本企業のASEANへの
生産拠点のシフトや新規進出の勢いは増大しており、貿易の形態も
ASEAN諸国・中国を中心に、日本との三国間取引が増大しております。
今改めて知っておくべき“三国間取引の実務とその注意点”について、
中国やASEAN諸国の事情を見据えながら
芳賀淳氏(貿易アドバイザー協会講師)にご講演をお願いします。

後半は、三国間取引をはじめ煩雑な輸出・輸入業務を処理する
−TOSSシステム− をご紹介いたします。
複雑多岐に渡る貿易業務を標準化し、情報共有化することで
大幅に業務効率の向上につながります。是非この機会に、本セミナーに
ご参加くださいますようお願いいたします。


開催日時 : 11月14日(木)午後1時30分〜5時(開場:午後1時)

場  所 : 大阪市中央公会堂 大会議室

       大阪市北区中之島1−1−27
      (最寄駅:御堂筋線「淀屋橋」1番出口5分、京阪電車「なにわ橋」徒歩1分,
       大阪・梅田駅より徒歩15分)


対  象 : 貿易に携わる企業の部課長

主  催 : ゲイル株式会社 セミナー事務局
       東京都千代田区神田須田町2丁目2−7 トーハン須田町ビル6階
       TEL.03-5297-7041  FAX.03-5297-7042

共  催 : 株式会社バイナル
       大阪市中央区北久宝寺町3-5-12 御堂筋本町アーバンビル5階
       TEL.06-6252-0502  FAX.03-5297-7042

インターネット申し込み:<募集は終了しました>

<講師プロフィール>

芳賀 淳(はが あつし)氏 講師略歴

横浜国立大学・青山学院大学大学院卒業。三菱電機入社後、海外営業勤務。タイ、シンガポール、
ベトナム駐在。潟c潟eックス海外業務部長、鞄結梵ク密 経営支援室上級職歴任。
中小企業大学校講師歴任。





第10回貿易実務セミナー 

中堅企業必見!中国からASEANへの生産拠点の拡大・シフトにまつわる

国際物流網の構築と移転価格税制への対応

中国リスクの回避や商圏の拡大により日本企業のASEANへの
進出の勢いは増していますが、ASEAN諸国・中国との生産拠点間の
物流事情は、未整備な地域も多く物流網構築にお悩みではありませんか。

一方で、移転価格への課税は、中国を始めASEAN諸国でも次第に
厳格化されており、課税リスク回避の為に、企業規模の大小に関わらず
“移転価格の文書化”への対応が企業に求められています。

今回は、国際物流のスペシャリスト中村仁看先生、
国際税務のスペシャリスト柴田篤先生にご講演をいただき、
それぞれの講演の合間に、貿易システム-TOSS-のご紹介やシステムの
活用事例・基幹システムとの連携についてご紹介させていただきます。

午前・午後の入退場自由となっておりますので、
どうぞお気軽に御参加ください。
なお、事前登録制になっておりますので、
予めお申込み下さいますようお願い致します。


第10回貿易実務セミナー スケジュール

< 午前の部 10:00〜12:30 >
 中国・ASEAN諸国での国際物流網構築のポイント 講師:中村仁看
 輸出貿易システムTOSS-EXPORTのご紹介(中小企業診断士・通関士)

< 午後の部 13:40〜17:00 >
 「移転価格の文書化」をやさしく学ぼう 講師:柴田篤 (国際税理士)
 輸入貿易システム TOSS-IMPORTのご紹介とシステム連携・構築事例紹介



開催日時 : 10月18日(金)午前10時〜午後5時(開場:午前9時45分)

場  所 : 山王健保会館 2階会議室

       東京都港区赤坂2−5−6
      (最寄駅:東京メトロ銀座線・南北線溜池山王駅下車3分・千代田線赤坂駅 徒歩5分)

対  象 : 貿易関連部署 部課長クラス

主  催 : ゲイル株式会社 セミナー事務局
       東京都千代田区神田須田町2丁目2−7 トーハン須田町ビル6階

共  催 : 株式会社バイナル・柴田千田国際税務会計事務所

インターネット申し込み:<募集は終了しました>

<講師プロフィール>

中村 仁看(なかむら まさみ)

大手総合物流会社にて国際物流・貿易実務全般に従事した後、中小企業診断士登録。
経営コンサルタント会社を経て、国際物流の業界(国際複合一貫輸送業者)に再び戻り、
社内IT改革などに取り組んだ後、大手SIerに転身しERP(R/3、EBS等)を経験。
外資系コンサルティング会社にて、グローバルSCM関連プロジェクト(SAP R/3導入)
に参画するとともに、大手SIerにて、物流に特化した活動を行い、物流チームを立ち上げる。
海外案件参画を機に国際的活路を求め再独立し、株式会社中村仁看を設立。
コンサルティング、貿易・国際物流業務受託、国内外製品の輸出入などの業務を行う。

柴田 篤(しばた あつし)

柴田・千田国際税務・会計事務所所長、
タイ国合弁法律・税務・会計・物流コンサルVTT Nippon Co., Ltd.パートナー。
国際税務の税理士。通関士。ジェトロ貿易アドバイザー。
日本水産勤務後、アムステルダム国際租税研究所IBFD(ヨーロッパ税法・経済法)を経て
国際会計事務所アンダーセン (法人税、国際税務、間接税、移転価格)に勤務。
2004年1月、柴田上田コテサ国際税務事務所開設し、2013年1月、
柴田・千田国際税務・会計事務所に改組し現在に至る。


緊急開催 貿易実務セミナー 

ASEANシフトとFTA,TPP時代の原産地認定

ASEAN人気は過熱する一方ですが、FTAやTPPの締結により
日本との取引は増大することは想像に難くありません。
 関税障壁が軽減される一方で、経産省のガイドラインに沿って貿易
実務については一層の厳格化が求められています。
そのようなASEANの事情や貿易事務について、実務に詳しい
柴田篤先生(柴田・千田国際税務・会計事務所所長、タイ国合弁法律・
税務・会計・物流コンサルVTT Nippon Co.Ltd パートナー)に緊急講
演をお願いすることになりました。

後半は、煩雑な輸出・輸入業務を処理する −TOSSシステム− を
ご紹介いたします。複雑多岐に渡る貿易管理を標準化し、情報共有化
することで大幅に業務効率の向上につながります。
是非、この機会にセミナーにご参加くださいますようお願いいたします。

<講演内容抜粋>
1、柴田篤先生講演「ASEANシフトとFTA、TPP時代の原産地認定」
2、輸出・輸入貿易システムTOSSシステムの紹介
3、導入事例研究(三国間貿易・購買部での導入活用事例など)


6月13日(木)午後1時20分〜5時 (開場 午後1時)

市ヶ谷健保会館2階 F会議室


東京都新宿区市谷仲之町4−39
(最寄駅:都営新宿線 曙橋駅又は大江戸線 牛込柳町駅 下車徒歩8分)

インターネット申し込み:<募集は終了しました>